お金借りる至急〜公式サイトからのアドバイス

今から大至急の急ぎでお金を借りたい。という即日融資が希望なら、必ず押さえるべきポイントがあります。

審査にゼッタイに落ちてはいけない理由

審査に落ちてしまうと、また最初からキャッシング会社を選んで申し込み・審査を受けなければいけません。振込や融資の時間にも制限があるので、ムダな遠回りをしていると時間切れになってしまいます。

 

また、審査落ちの経歴は信用情報に記録されるので、新しい申し込み先からすると1度審査に落ちたアナタの信用性を疑うことになり、更に審査に通りにくくなるので要注意です。

 

遠回りを防ぐ為の「仮審査」を活用すべし

上述の通り、本審査で落ちてしまうと状況が悪くなってしまうので、本審査に通るかを数秒で判定してくれる「仮審査」の活用をオススメします。

 

「年齢・職業・年収・他社の借入金額」など、簡単な項目をいくつか入力するだけで精度の高い事前審査が受けられます。この仮審査は、たとえ落ちてしまっても信用情報に記録は残らないので安心です。

 

また、仮と名前が付いていますが、この仮審査を通過すれば、よほどの特例を除いて本審査も通過できます。それぐらい信用性の高い審査なので、至急お金を借りたい人こそ、この仮審査を活用しましょう。

 

至急お金を借りるのにお勧めランキング

永作博美さんでお馴染み「アコム」

アコムイメージ

三菱UFJフィナンシャル・グループ 「アコム」の特徴

アコムは審査終了までが最短30分と、消費者金融の中でも断トツの早さです。また「3秒診断」という仮審査もあるので、まずは気軽に事前審査を受けてみましょう。
14時を過ぎた即日融資にも指定の口座を持っていれば、振り込んでくれるのも嬉しいポイント。初めてアコムを利用する人は、契約日より30日間の無利息期間があります。その間に返済が終われば、実質利息ゼロ円で借りられます。

仮審査 あり(3秒診断)
審査時間 最短30分
収入証明書 限度額50万円以下は不要
利息 無利息:初めてなら最大30日間、年利:3.0〜18.0%
振り込み 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行:初回に限り平日19時まで対応
楽天銀行:365日24時間対応
アコムを利用したことが無い人→間違いなくオススメ

提携金融機関も多いので、お金を至急借りたいニーズに最もこたえてくれるのがアコムです。初めてのアコムというCMのフレーズは伊達ではありません。
初めて利用する方には、振り込み時間延長サービスや30日間の無利息期間など、お得に借りられる条件が揃っています。また、オペレーターの対応が非常に丁寧という評判も多く、利用者から高い評価なのはさすが大手といったところです。

 

バナナマンでお馴染み「アイフル」

アイフルイメージ

アイフルの特徴

大手消費者金融の中では、アイフルだけが銀行傘下になっていない「唯一の専業消費者金融」として上々している実績です。
つまり、銀行傘下になっている他社とは審査基準が異なる独自の審査をしている点はポイントです。

仮審査 あり(1秒診断)
審査時間 最短30分
収入証明書 限度額50万円以下は不要
利息 無利息:初めてなら最大30日間、年利:4.5%〜18.0%
急ぎの借り入れに強い!

アイフルでは、ネット申し込み後にフリーダイヤルに電話をすると審査に掛かる時間が短縮できるサービスがあります。(受付9〜21時)
また他社ではダメだったけどアイフルでOKだった!という口コミもあるのは消費者金融専業ならではかも。

 

谷原章介さんでお馴染み「プロミス」

プロミスイメージ

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

プロミスは30日間の無利息※と最短30分の審査でアコム同様の早さとお得さのプロミス。
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているなら、曜日を問わず24時間最短10秒の振込サービス「瞬フリ」が利用できるのもポイント。

仮審査 あり(3秒診断)
審査時間 最短30分
収入証明書 限度額50万円以下は不要
利息 無利息:初めてなら最大30日間、年利:4.5〜17.8%
振り込み 三井住友銀行、ジャパンネット銀行:24時間対応

※メアドとWeb明細利用の登録が必要です。

指定口座を持っている人にはオススメ

24時間最短10秒で振込みが受けられる「三井住友銀行orジャパンネット銀行」の口座を持っているなら、迷わず申し込みたいのがプロミスです。

 

今日中にお金を借りる為に確認しておこう

振込対応時間を確認しておく

口座に直接お金を振り込んでもらうには、金融機関の振込対応時間に間に合わないといけません。今日付けで振込みをしてもらっても、口座に反映されるのが明日になってしまうケースもあります。
その点、アコムの初めて利用する人向けの「振込時間延長サービス」は振込希望する人に、非常に喜ばれるサービスとなっています。

 

無人機ならスグに現金を下ろせるが・・・

ネットで申し込みをして無人機でローンカードを受け取って、備え付けのATMや提携ATMでお金を下ろすのが最速でお金を手に入れる方法です。しかし、無人機の台数が少ないキャッシング会社だとそれが難しくなりますよね。振込ではなく無人機を利用する場合には、キャッシング会社の無人機の設置台数も確認しておきましょう。

 

申し込み時の記入項目はミス無く確実に

申し込み時の単純な記入ミスによって、審査に遅れが生じるケースが非常に多いです。
特にメールアドレスの「@(アットマーク)」や「.(ドット)」が全角になっていたり(正しくは半角)、電話番号・住所などを入力ミスしたりする人が非常に多いので気をつけましょう。また、運転免許証を画像として送付する場合に、顔写真や文字が不鮮明だとやり直しになってしまいます。急いでいるときこそ、慌てず正確にを心がけましょう。

消費者金融でキャッシングする時のポイント

消費税の増税や不景気の煽りで今まさにキャッシングを考えている方も多いのではないでしょうか。今回は私のキャッシングの経験からどんなふうにお金を借りるのかなど様々なポイントをお話したいと思います。

 

まずキャッシングを検討している時に、一番初めに考えるのがどこからお金を借りるのかだと思います。基本的に有名な消費者金融でしたらさほど差はないと私は思っていますが、最近ではインターネットで色々な消費者金融を調べる事が出来るのでWEBを見て自分にあったものを判断するのがお勧めです。消費者金融によって30日間無利息や初回のみ無利息、また金利自体が違ってきます。また申し込みに必要なものなどもWEBで確認できるのでそこで必要なものを用意しておく事もできます。

 

そして即日で借りたい人であれば、必ず即日審査をして回答をくれる消費者金融を選んでください。審査に時間がかかってしまっては、当日中に融資を受けるのは難しくなります。また、振込でお金を借りたい人は金融機関の振込時間も気にしなければいけません。

 

次に、借りる消費者金融が決まったら申し込みだと思います。私は無人契約機で申し込みをしましたが、音声案内にそって簡単に手続きができ、オペレーターの方も親切丁寧だったのでお勧めです。また最近はWEB上での仮受付もでき、先に仮受付をしておくと無人契約機での手続きの時間を短縮できるのでとても便利です。

 

以上が大まかなキャッシング手続きの流れですが、ここで気を付けなければいけないポイントをあげたいと思います。

 

まず一つは契約規約などにはしっかりと目を通す事です。利息や返済プランなど色々と読まなくてはいけない物が多すぎて流し気味になってしまいがちですが、後あと自分の意思とくい違いがないよう時間をかけて目を通す事をお勧めします。

 

もう一つは、審査についてです。審査はその消費者金融の提携している信用機関の結果を踏まえて審査をします。その際に審査を受けた会社の数なども考慮されるので何個も審査を受けるのではなくなるべく一社の審査をした方が損をしないと思います。

 

至急お金を借りたい!という方ほど、急いでいるのでこうしたポイントを蔑ろにしがちですが、事前に多少でも把握しておくことをお勧めします。今は数多くの消費者金融がありますその中から自分にあったものを選び、無理のない借り入れでキャッシングをしていきましょう。